スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Swimming at swimmer's view

【背景と目的】僕はゆっくりと泳ぐ水泳が大好きなのですが、一度、泳いでいるときの自分からみた風景を伝えたいなぁと思っていました。とくに、だれもいないプールではじめて泳ぐときの、あの平らな水面にすうっと入り、進むときには至福を感じます。それで、すんごくアホなことですが、Hyatt Regencyのホテルが、小さいけれどほぼ貸し切り状態だったので、写るかどうか挑戦をしてみました。

【撮像装置と方法】撮像装置は、SANYO製デジタルムービーカメラDMX-CA8。本機種は防水機能を有し、水中で撮影可能である。顔面に通常のゴーグルを装着した上で、さらにたまたま持っていたもうひとつのゴーグルを、レンズ部分が鼻のあたりに来るように装着した。通常よりもゴムを緩め、ムービーカメラを鼻とゴムの間に通して固定した。撮像を開始し、カメラの傾き等を調整した後、果てしなく息を止めて平泳ぎで水泳を行った。Postprocessingとして、撮影された動画ファイルから、QuickTime 7 Proにて不要な部分を割愛したのちにQT形式で保存、動画サイトにアップした。

【結果】1回目の試みでは、撮影しながら進むうちに鼻からカメラが落ちてしまい失敗した。2回目の撮影では鼻から落ちないように細心の注意を払った結果、撮影に成功した。ただしまったく息を止めながら泳ぎ進むので、緊張していたこともあり、思っていたよりも長い距離は進めなかった。撮影結果を動画1に示す。
たまたまいたおじさんが携帯で話していた事による外部雑音が認められた。得られた画像は、実際に泳ぎながら感じている雰囲気にきわめて近く、目的は達せられたと考えられる。

【結語】泳者の目からみた水泳の様子の撮影に成功した。この成果は大して社会には役立たないと思われるが、水泳ができない人にその面白味を伝えられる可能性はあると思われる。今後、さらなる検討の要はあまりないのではないかと考えられる。

動画1 入水のときに感じられる音の変化、および水面の様子、自分の手を見ながら進む様子等が明瞭に描出されている。

[高画質で再生]

Swimming View from Swimmer [ネットショップ]



スポンサーサイト

Restaurant Coco Pazzo

Koh先生と、本の出版のお祝いということでお昼を食べたんですけど、なかなか素敵だったので紹介しますね。
レストランの名前はココ・パッゾといいます。

住所と電話番号は
300 W Hubbard St # 1, Chicago, IL‎ - (312) 836-0900‎
場所はここです。

入口の様子。

SC(2009-12-04 0.36.23)


壁に飾られている絵の雰囲気がなんともよろしい。

SC(2009-12-04 0.36.55)


これはメニュー。

SC(2009-12-04 0.36.30)

これちょっと食べかけで撮っちゃったからごめんなさい。
でもね、このCalamari(イカのこと)フライの、ソースがめちゃうまでした~。これは二重丸!
9ドルだからちょっと高いです。でも皆でシェアできる十分な量でした。

SC(2009-12-04 0.37.37)

これはこの日のスペシャルスパゲティ。ムール貝つきね。これは15ドルぐらい。少々お値段は高めです。

SC(2009-12-04 0.37.52)



お祝いの写真も写しました。
真ん中左の先生が、Koh先生。LondonのRoyal Marsden Hospital勤務です。今回の本のeditorです。Koh先生のAJRのreviewは有名だと思います。

右は、同じ病院のDavid Collins先生(PhD)。いつもKoh先生とDWIの研究をしています。論文を一緒に書かせていただいたことがありますが、それが縁で、ロンドンとユトレヒトの間でときどき行き来しています。ロンドンとアムステルダムは時差が1時間ありますが、飛行機は1時間ぐらいしかかからないので、アムステルダム発ロンドン行きって、出発時刻と到着時刻がおなじぐらいだったりします。

SC(2009-12-04 0.58.46)



左端は、中西克之先生(骨のchapter担当)、右端はAli先生(イラクから山梨大学に来ている。肝腫瘍のchapter担当)です。書き上げるの大変だったからかな~皆うれしそうですね (^^)

SC(2009-12-04 0.37.22)





Fitness Room - Hyatt Regency McCormik

McCormik PlaceのHyatt Regencyに泊まるメリットは何と言っても
学会場のとなりということですね。
コートを着ないでそのまま学会場に行けるし、カメラ等重い物を
不要なときにすぐに部屋に戻したりできるので便利です。また、夕方
タクシーに乗るときは、ホテル宿泊者用の優先レーンに並べます。

フィットネスルームもあるので紹介しますね。
水泳が好きなので、学会ではよく泳ぐのですが、Hyatt Regencyにも
あります。では行ってみましょう。

これは8階からの眺め。遠くに見える黒いノッポのビルはジョン・ハンコック
センターです。

SC(2009-11-30 7.59.25)


フィットネスは4階にあります(HEALTH CLUB/POOL)。これはエレベーターの中の案内。

SC(2009-11-30 7.59.37)


入口は、カードがないと入れないのですが、チェックは厳しくないので、ホテルの宿泊者となら大丈夫のようです (^^)

SC(2009-11-30 8.00.32)


これは入口のドア。

SC(2009-11-30 7.59.42)


タオルはあるので、用意の必要ありません。

SC(2009-11-30 8.00.41)



朝7時ともなると、すごくたくさんの人が汗を流していますよ~。

SC(2009-11-30 8.00.19)


窓越しに見えるのがMcCormik Placeです。

SC(2009-11-30 8.29.51)



これがプールです。あまり大きくないけれど、暖房がそれなりに効いていて、
まったく寒くありません。1時間真剣に泳ぎたい人には温度高すぎですけど、
20分位しようかな~という人には快適。

SC(2009-11-30 7.59.49)



PhotoshopのPhotomerge機能を使って、
2枚撮影したプールからの眺めをパノラマにしませう。

SC(2009-11-30 8.16.52)


右側がフィットネスルーム、左がMcCormik Placeです。いいかんじですね。

SC(2009-11-30 8.17.38)


↓これが元の画像。露出もうまくあわせてくれるんですね。便利。

SC(2009-11-30 8.43.42)


で、ロッカールームの体重計です。
これって高性能車のスピードメーターみたいじゃないです?
さすがアメリカ、280キロまで量れるのか~、とオドロキ。

SC(2009-11-30 8.00.26)


・・・と思ったのですが、よく見たらポンド表示でした。
0.45倍でkgなので、半分にして9掛けってことです。

McCormik Placeはめちゃくちゃ人気なので、ホテル予約がオープンになった
瞬間に一杯になってしまいます。このところ数年、予約に成功していません。
しかたがないので、毎年、キャンセル待ちしたいというメールを送りますが、
今年はうまくキャンセル待ちが成功して、滑り込みできました。

プロフィール

mri7t

Author:mri7t
 
「MRIのホームページ」
  のブログ版です
いま元ホームページが使えない
ので、ここにアップします!

http://www.teleradiology.jp/MRI

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。