スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GE CT

GEのCTは、以前からアナウンスされていたdual energyがとうとうリリースされたという
ニュースが大きいものだと思います。

既にご存知のとおり、Gemstoneと呼ばれる、アフターグローが非常に短い検出器の開発に
成功した為、view数を上げる事ができるようになりました(2300程度)。これは、半分に
しても、1000以上を確保できることを意味します。この特性を用いて、140kVと80kVの
X線を間歇的に交互に出しながら回転させる事で、dual energy CTを実現したわけです。

SC(2009-12-06 14.38.23)


以下はこれを説明する動画です。

[高画質で再生]

GE Dual Energy Switching RSNA2009 [アクセス解析]


この方式にの利点としては、140kV側と80kV側の曝写位置がほぼ同時に同じところからに
なりますので、90度ずれている二管球方式に比較して補正が少なくてすむということです。
また、FOVが50cmと非常に大きくとれます。欠点としては、140kVと80kVではフォトン数が
4倍近く違うのでmAs値を変えなくてはならないのですが、短い時間でmAを変えることは
できないということが挙げられます。

これをすこしでも補償するために、80kV側の曝写時間(mA・sの、s のほう)を少しのばす
ことで、若干の効果を得ているようです。そのほか、以下に示すMBITの提案により、かなり
SNRを上げることができそうなので、こういった問題を解決しやすくなるという説明でした。
(MBITによる画質改善は、80kVにも140kVにも有効はなずですが、low SNRの画像をとくに
 救えるので、という意味だと思います)


↓ GSI (Gemstone Spectral Imaging) Acquisitionは、Gemstoneをつかって、spectral imagingをするということを指しています。またProjection Based Material Decomposition(MD, 物質弁別)は、再構成されたimage上ではなく、raw data上でMaterial Decompositionをするということのようです。これによって、MD Iodine / MD Waterの画像や、Monochromatic Generation (単一エネルギーX線画像計算)などを高精度にできる、とのことです。

SC(2009-12-07 8.46.29)


GEは、dual energyは今年から売りに出す訳ですが、その割に画像例が非常に豊富で、かつ美しいのが印象的でした。これはcによって、最適なコントラストを表現できることを示しています。

SC(2009-12-07 8.47.07)


これは、単一エネルギーX線画像によって、beam hardeningを抑制できること(中)、および脳実質のコントラストを最適化できること(右)を示しています。

SC(2009-12-07 8.47.55)

単一エネルギーX線画像の利用を支援するアプリとして、「Monochromatic Review Analysis」なる解析ソフトが掲示されていましたが、MRI好きの人は喰いついてしまうような面白さがあります。具体例は次の写真。

SC(2009-12-07 8.48.34)

肝臓の下角付近にcystがありますね。このcystと、右側の肝実質にROIがとられているのがわかりますでしょうか。このように2つの場所を指定すると、左のグラフ(横軸はKeV、縦軸はCNR)を描いてくれるので、どのエネルギーで見たら一番コントラスト良く表示できるかがわかるわけです。

SC(2009-12-07 8.51.34)


このグラフは、横軸がKeV、縦軸がHUです。このグラフでは、水は低エネルギーでもあまりCT値が変わらないが、造影剤のあるところは、その濃度に比例してCT値が上昇することがわかります。このグラフの曲線が非常に重要。

SC(2009-12-07 8.54.06)


そうするとこれはどうでしょうか。肝臓の中に青と緑で示されている病変が2つありますが、グラフを見ると両者は低エネルギーで交差していますね。Aoの曲線を参考にすると、緑はよく造影された病変だけれど、青は低エネルギーでのCT値の上昇が乏しいのであまり造影されない病変だということがわかります。これ、1回dual energyで撮影すればわかるわけです。MR命の人でも、CT研究やろうか、って言う気になりますよねぇこれなら。

SC(2009-12-07 8.57.35)


これは別の解析方法です。横軸はWater volume、縦軸はIodine volumeを示しています。緑で示す椎体は、普通は造影効果が分かりにくいけれど、water volumeもiodine volumeも大きいことがわかります。だから造影されていることがわかります。一方脂肪はiodine volumeは負である(この場合の「負」がどういうことを意味するのか私はまだ知りませんがいずれにしてもプラスではない)ことから、造影されていないことがわかります。

SC(2009-12-07 8.56.30)

Cystを単純CTと造影CTでROIを測ると、すこし造影効果があるように見えますが、これはbeam hardenigによるpseido-enhancementである、と。こういったときでもいまのようにして解析すれば造影効果のないことがわかるのでしょう。

SC(2009-12-07 8.57.06)


というわけで、この解析ソフトの出来が非常によさそうなので、これは技師さんも放射線科医も、毎日の仕事にやりがいがでそうです。


そしてもうひとつのオドロキが、MBITというものですね。Model-based Iterative Reconstruction(モデル・ベースト・イティレイティブ・リコンストラクション)の略ですが、ASiR(エイサー)などのItereative reconの既存技術では、点-線しか計算していなかったが、今回からは実際のvoxelを考慮した計算を行うというもののようです。これはまだ臨床に搭載できないそうです。なぜならば1枚のreconに2分位かかるから。しかし将来はcomputing powerがこれを解決すると考えているようです。

SC(2009-12-07 9.00.26)
SC(2009-12-07 9.01.17)


これが従来の方法。SNRに注目。

SC(2009-12-07 9.02.11)


これがASiR。SNRが良くなっていますね。

SC(2009-12-07 9.04.47)


そしてMBIT、と行きたいところなのですが、これは写真NGでした。講演会などで見てください。誰が見てもびっくりするような画質改善だったと思います。八町さんも驚いていました、といったら信憑性があがるでしょうか。

GEでは、Siemensの2管球方式や、Philips/東芝のような連続回転撮影方式よりも早くスイッチできることを利点に挙げていますが(下)、これには冒頭に述べたmA値が変更できないといったような欠点もあり、市場や科学研究の場で今後議論されるところなのだろうと思います。ただ私は、解析ソフトによる画像がたくさん出ていたので、単純に興奮しました。こういうことが大事だな~と思った次第です。ま、ちょっと褒め過ぎかもしれません。

SC(2009-12-07 9.03.01)
スポンサーサイト

GE MR (4) そのほか -簡易パラメータ設定とOptima Edition

GEの内海さんと話したときに、Optima360(450Wの下のハイクオリティ臨床機)に搭載
された機能のことを耳にしたのですが、「先生見たら怒りますよぉ(^^)」とちゃかして
言われたのでかえって興味がでまして、もう一度ブースを訪れてしまいました。

その機能というのは、スキャンパラメータを簡便にする機能なのですね。
ちょっとみにくいかもしれないけれど、これが普通の設定画面。3plane Localizerが
上にあって、下にパラメータを入力する部分があります。

SC(2009-12-04 19.42.05)


このパラメータ部分をアップしますとこんな感じ。

SC(2009-12-05 19.02.11)


それでもって、簡単モードにしますと、なんと
棒が一本あるだけになるのデス。

SC(2009-12-04 19.42.56)


でもって、一番高画質にするとスキャン時間が4:05
SC(2009-12-04 19.43.20)

一番低画質にするとスキャン時間が2:39
SC(2009-12-05 19.05.19)

(注:これは多分それぞれ一回の息止め時間が4秒と2秒ということですから、実際的な調整状況ではないのですが、こうやってスキャン時間を変えられるデモと受止めてください)



とゆーわけです。みなさんこういうのどう思いますか? うーん、これは僕は怒んないけど高橋光幸くんだったら「なんじゃこりゃ~!」と怒りそうかな~ (^^) ・・・そうあって欲しい。

でもこれは実はありだよね。放射線科医のいない病院を尋ねたときは、担当の技師さんはだれかに相談したくて悩んでいるいのを目の当たりにしたし、たとえ放射線科医のいる病院でも、「MRのことはわかんないから任せるよ」という感じで担当技師さん困っても丸投げ、といった状況は大いにあります。そういうときには強い味方になりますよね。また、平日はMR担当がいるけれど、時間外・休日等はだれが操作するかわからないから、その際にもこういった機能は威力を発揮します。

ただ、企業はこれを作って売れて満足するのではなくて、「やっているうちに経験が積めて、棒一本をだんだん卒業できる」という仕掛けをぜひ作っておいて欲しいです。じゃないと多くの人にとてMRIがつまらない機械になってしまうようになる気がします。


-----------


で帰ろうとしたのですが、「そういえばHDxtのOptima Editionの話してませんでした」ということだったのでもうすこしお伺いする事に。既存のHDxtにも、Optima相当の機能をアップグレードで入れられるそうです。


左は3DのASLができるようになるということ、右は、PROPELLERがsagittalとかreduced FOVで出来るようになるということを示しています。

SC(2009-12-05 18.19.57)


LAVA-FLEXは、もともとMEDAL(2 point dixon、息止め撮影可能)という名前でしたが、LAVAの派生のような名前に変更になりました(LAVAが表場がいいからでしょう)。そしてDWIはeDWIという名前で、tetrahedral と3 in 1というのが使えるそうです。

SC(2009-12-05 18.20.29)


3 in 1というのは、gradientの性能を3軸ともフルに使って撮影する機能です。ほとんどの病変や臓器はお腹ではisotropicですし、癌自体もisotropicなので、どんな方向のMPGで撮影しても結果は同じはずです。ですからこの方法でTEを短くすると役立つかもしれませんね。神経の描出を強調するため(論文)にもunidirectional encodingは役立ちますけど、腫瘍の描出には良いのではないかと思います。

SC(2009-12-05 19.23.23)


Optima Edition(来年でる)では以下のことが可能だそうです。

SC(2009-12-05 18.21.18)

GE MR (3) Cardiac imagig

ちょうどブースで天野先生が心臓のことを聞かれていたので、ちょっと覗き見させていただきました!
(天野先生の写真を撮るのを忘れてしまいました)
簡単にレポートしますね。

Cine IRは、フィリップスのLook Lockerと同じように、IRパルスを打った後に、異なるTIで撮影しそれを連続表示してみるものです。これがないと微妙な造影効果が分からないことがあるので重要と天野先生。

SC(2009-12-01 7.26.36)


Perfusion studyは、これまでFIESTAとFGRE ETがありましたが、今回FGREも加わったそうです。FIESTAはSNRが高くてアーチファクトが少ないけれどsensitivityは低く、FGRE ETはSNRが低くてアーチファクトが多いけれどsensitivityは高い、という特徴を持っていましたが、今回のFGREはその中間位ではないか、ということでした。FGREではnoched pulseが使えるので、隣接スライス同時励起ができて、TIによるスキャン時間損失は少ないです。

SC(2009-12-01 7.27.14)


3D Heartは、AxialのWhole Heart Coronaryをするためのシークエンスで、multiple thin slab(1回あたり2分程度)を用いて、4-6 slab撮影、合計で8-12分で撮影するものです。LCAが非常にきれいに描出されるようになったということでした。

SC(2009-12-01 7.27.52)


Multi-echo GREを用いたT2* mappingでは、肝臓や心臓などへの鉄沈着の様子を示します。

SC(2009-12-01 7.28.16)


写真撮らなかったけど、声の出演は天野先生です! 心筋内の鉄沈着がわかるでしょうか。

動画:Star Map T2* Mapping

これは今回MR Echoが3Tでも可能になったというお話。

SC(2009-12-01 7.29.46)


同様に3TにおけるFIESTAの画像。天野先生、胸壁側のアーチファクトについてするどく指摘されていました。でもきれいですね。

SC(2009-12-01 7.30.06)







GE MR (2) MR Elastography / ONI買収

次はMR-Elastographyです。
今回、Optima 450Wに製品として設定されました。MR750はまだだそうです。
発売記念として、GEの機関誌「pulse」の表紙はカラフルなカメレオンが飾っています。
これは、色をつけるとイロイロわかるということを示唆しているのですね。

SC(2009-12-01 7.21.00)


GEのvibratorはaero driveですが、その様子を実演してお見せしますね。

動画:MR-Elastography Vibrator

そのほかのニュースは、ONI社の買収に関してです。
以前、2006年のMRIのRSNAニュースでも触れましたが、四肢用のMRIを作っているONI社(オニ、じゃなくてオーエヌアイ)をGEが買収したようです。アメリカでは1.0Tが140台ほど稼働しているようです。最近は、ここに示す1.5T版が出されたとのこと。これはまだ10台位の実績のようです。製品にはONIのロゴがありましたが、将来はOEMになるかもしれませんね。おじさんがたまたま足をいれていたのでパチリ。

SC(2009-12-01 7.21.09)


そのほか、Discovery MR750用に、いずれも32chのコイルが開発されたということで、展示されていました。

SC(2009-12-01 7.24.42)


GE MRI (1) Optima 450W

はいそれでは本番のRSNAレポートを開始したいと思います。
最初はGEのMRIです。

ことしのGEの目玉はOptimaシリーズの新設です。
これにより、GEのポートフォリオは、

3T
Discovery MR750
HDxt

1.5T
Discovery MR 450
Optima 450W
HDxt
Optima 360

というふうになります。MR750/450はresearch site用のhigh-end機種、
そして今回のOptima 450Wは、clinical site用の上位機種ということに
なります。

450WのWは、WideのWで、とうとうGEも、いわゆるOpen cylindricalの
機種をだしたということです。ボア径は70cm。

SC(2009-12-01 7.18.47)


内海さんが示している長さは、146cm。これは従来機種の190cmからは44cmも短くなっています。
左側面に、ECGゲートなどに用いる生体モニタ用ケーブルの接続ターミナルが新設されています。
PACシステムとかいうようです。前面にある操作ボタンには、トラックボールが装備されていて、
頻度が上がっているバイオプシー等のときにとくに使いやすいような設計になっているとのこと。

SC(2009-12-01 7.19.20)


これは、以前にも紹介したセンチネルメディカル社の乳腺バイオプシー対応専用テーブルです。今回は、4X4X4X4(左乳房が4X4、右乳房が4X4という意味)の合計16ch受信を可能にしているようです。

SC(2009-12-01 7.19.58)


特に秀逸なのは、バイオプシーを容易にする為に、下側にある板がなくなっているとのことです。内海さんに、今までのテーブルと、現在のテーブルによる視野の違いを、手元にあった雑誌で視野を遮る事により表示してもらいました。

SC(2009-12-01 7.20.09)


これはバイオプシーのときのセットアップ。バイオプシー時には、片側乳房だけの撮影になります。このように照明つきグリッドを内側からあててバイオプシーをします。外側からのセットアップもできます。

SC(2009-12-01 7.20.36)



プロフィール

mri7t

Author:mri7t
 
「MRIのホームページ」
  のブログ版です
いま元ホームページが使えない
ので、ここにアップします!

http://www.teleradiology.jp/MRI

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。