スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RSNA2009

皆さんこんにちは。
MRIのホームページを近く再開しようと思っているのですが、
その前にRNSAのレポートをブログに公開しようと思います。
どうぞよろしくお願いします。

以下はテスト画像です。
朝6時少し前のMcCormik Place。
隣接するHyatt Regency McCormik Placeからの写真です。

SC(2009-11-30 5.47.40)



これは朝6時40分。夜が明けてきました。

SC(2009-11-30 6.41.44)




動画アップもテストします。
[高画質で再生]

McCormik Place 05:50 am 30Nov2009

[広告] VPS




スポンサーサイト

祝 DWIの英語本出版

月曜日朝のRSNA、めちゃ込んでます。エスカレーター乗るのにもちょっと
列ぶぐらい。

SC(2009-11-30 17.41.25)


今回のRSNAでは発表無しなんですが、ここシカゴまで来た一番の理由は、Springerから出る英語の本が出版になるので、そのお祝いをすることです。石川徹教授にありがたくもご許可をいただきMRI自由自在を書かせていただいたのが1999年のことですが、それから10年、英語の教科書に参加させてもらえるに至り感慨無量です。もちろん単著ではなくて章を担当しているだけですけれど、よくぞまあEditorのKoh先生(とThoeny先生)が声をかけてくださったと思います。感謝感謝。

North Buildingの一番手前右側に小さなSpringerの本屋さんがありました。うーむ。割と地味なのは否めません・・

SC(2009-11-30 17.41.45)


とりあえずおじさんに頼んで記念写真をパチリ。

SC(2009-11-30 17.44.01)



こんな風に置いてありましたよ。本の名前は、「Diffusion Weighted Imaging - Application in the body (Diagnostic Radiology)」です。 リンク

SC(2009-11-30 17.44.22)


ね、これがDWIBSの章。章になっちゃったんですよ~ (^o^) 共著のThomas Kwee先生にはすばらしい英語にしてもらえました。こんど紹介したいです。

SC(2009-11-30 17.45.09)


東海大の室さんの動体ファントムの実験の画像も載ってます。

SC(2009-11-30 17.45.30)


これはMR-Neurographyの章。山下智裕先生と堀江朋彦技師が手伝ってくれました。

SC(2009-11-30 17.44.32)


そのほか、8 Tumour Characterization、11 Evaluating Metastatic Bone Disease and Marrow Infiltrationのところについて市川智章先生と中西克之先生に書いていただいているので、日本人のボリュームすごく多いんです。これはさきほども書きましたがKoh先生の「Asiaの人ががんばっているのでそれを反映させたい」というご厚意によるところが大きいです。

それで、本屋のおじさんとよもやま話をしていたら、日本人の先生がひょっこり。

京都大学の9年目の藤本晃司先生です。この間のMR学会の発表(Body DWI WG)も聞いてくれたんだそうで、この本もすでに購入してくれていたんですって。その早さにびっくり。値段聞いたら319ドルでした。かなり高いですね。100ドルだったらいいんだけど。ちなみに原稿料をばらしちゃうと、2章担当して450ユーロです。7万円ぐらい。あれだけ頑張った対価で2冊しか買えないというのはなぁ・・・。

SC(2009-11-30 17.45.50)


それで、「South Buildingのほうにはもっと大きな書店がありますよ」と教えてくれたのですが、そこまで案内していただきました。道中、DWIのことについて質問いっぱいいただきました。やる気あるなぁ。夜の講演会でもしっかり英語で質問していたけど、その積極性はスバラシイ。これからもがんばってね。

それで、入って左側のほうの、「Publishers Row」というところ向かい、すこし歩いて、InvivoのブースのそばにSpringerの本屋さんがあります。

SC(2009-11-30 17.46.04)
SC(2009-11-30 17.46.16)



でここでにいる女性の写真を撮らせていただいたのですが、2冊しかありませんでした。なんでも印刷があがったばかりで50冊位しかこなかったが、いままではBody DWIの本がなかったので売れ行きが非常によくて、在庫僅少のようです。Springerは3カ所でブースをだしているようですが、このRSNAでお持ち帰りになりたい方は急いでいただくほうがよさそうです。

SC(2009-11-30 17.46.27)


次はGEのMRIブースの内容をご紹介しますね。


※12月1日火曜日の情報では、はかなくも売り切れてしまったそうです。うれしいけれど残念。
 水曜日以降、また入荷があるかもしれないとのことです。
 情報を下さった慈恵医大の北川久さんありがとうございます。




Fitness Room - Hyatt Regency McCormik

McCormik PlaceのHyatt Regencyに泊まるメリットは何と言っても
学会場のとなりということですね。
コートを着ないでそのまま学会場に行けるし、カメラ等重い物を
不要なときにすぐに部屋に戻したりできるので便利です。また、夕方
タクシーに乗るときは、ホテル宿泊者用の優先レーンに並べます。

フィットネスルームもあるので紹介しますね。
水泳が好きなので、学会ではよく泳ぐのですが、Hyatt Regencyにも
あります。では行ってみましょう。

これは8階からの眺め。遠くに見える黒いノッポのビルはジョン・ハンコック
センターです。

SC(2009-11-30 7.59.25)


フィットネスは4階にあります(HEALTH CLUB/POOL)。これはエレベーターの中の案内。

SC(2009-11-30 7.59.37)


入口は、カードがないと入れないのですが、チェックは厳しくないので、ホテルの宿泊者となら大丈夫のようです (^^)

SC(2009-11-30 8.00.32)


これは入口のドア。

SC(2009-11-30 7.59.42)


タオルはあるので、用意の必要ありません。

SC(2009-11-30 8.00.41)



朝7時ともなると、すごくたくさんの人が汗を流していますよ~。

SC(2009-11-30 8.00.19)


窓越しに見えるのがMcCormik Placeです。

SC(2009-11-30 8.29.51)



これがプールです。あまり大きくないけれど、暖房がそれなりに効いていて、
まったく寒くありません。1時間真剣に泳ぎたい人には温度高すぎですけど、
20分位しようかな~という人には快適。

SC(2009-11-30 7.59.49)



PhotoshopのPhotomerge機能を使って、
2枚撮影したプールからの眺めをパノラマにしませう。

SC(2009-11-30 8.16.52)


右側がフィットネスルーム、左がMcCormik Placeです。いいかんじですね。

SC(2009-11-30 8.17.38)


↓これが元の画像。露出もうまくあわせてくれるんですね。便利。

SC(2009-11-30 8.43.42)


で、ロッカールームの体重計です。
これって高性能車のスピードメーターみたいじゃないです?
さすがアメリカ、280キロまで量れるのか~、とオドロキ。

SC(2009-11-30 8.00.26)


・・・と思ったのですが、よく見たらポンド表示でした。
0.45倍でkgなので、半分にして9掛けってことです。

McCormik Placeはめちゃくちゃ人気なので、ホテル予約がオープンになった
瞬間に一杯になってしまいます。このところ数年、予約に成功していません。
しかたがないので、毎年、キャンセル待ちしたいというメールを送りますが、
今年はうまくキャンセル待ちが成功して、滑り込みできました。

画像管理のテスト

大きめの画像のテストです。
これは気にしないでくださいね~。

7Tで撮影した内耳のVR画像

SC(2009-11-30 6.21.32)


動画のテスト(7Tで撮影した内耳のVR)
[高画質で再生]

内耳7TVR

[広告] VPS


SUSHI

SC(2009-11-30 6.21.41)


プロフィール

mri7t

Author:mri7t
 
「MRIのホームページ」
  のブログ版です
いま元ホームページが使えない
ので、ここにアップします!

http://www.teleradiology.jp/MRI

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。