FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Philips CT

Philipsのブースでは、ICTが半分に切って展示されていました。これはDoseをとにかく低減する試みをしていることを象徴しているようです。

SC(2009-12-04 10.26.27)


ここでもiDoseと呼ばれるiterative reconstruction (逐次近似再構成)がでてきますね。Philipsのは、GEと同様にraw data上で計算をするので優れている、ということでした。

SC(2009-12-04 10.28.36)


このための演算量はかなり増えるのですが、CPUパワーを上げる等して、再構成速度は同じ(20枚/s)にしているとのこと。

SC(2009-12-04 10.28.49)


さらに、Global noise model だけではなくて、Anatomical modelもすでに持っているので、より適切なnoise reductionができるのだ、というスライドです。

SC(2009-12-04 10.29.01)


この技術を容易に使用するために、noise reduction % をオペレータが選んで実行できるようなアプリケーションにしているようです。

SC(2009-12-04 10.30.02)


これがiDoseの効果を示すスライド。右側等はsub mSv撮影ですね。

SC(2009-12-04 10.30.45)


Philips ICTでは、東芝と同じような、2回撮影によるdual energyをすでに実装していて、これはdual spinと呼んでいます。このスライドの意味するところは、Siemens方式ではenergyの分離が良いが、GE方式では分離が悪く、dual spinでも良いということを言いたい訳ですね。今後はしかし、Philipsはdual energyではなくて、真の意味でのspectral CTを目指すということでした。右のスライドはそれを示していて、Photon Counting Detectorを作りたいということですね。そうすれば様々なenergyのX線による物質弁別ができるということです。SiemensでもGEでも、すでにdual energyの装置を利用して、単一エネルギーX線計算画像を作り出していますが、これとの兼ね合いなどが今後面白そうではあります。

SC(2009-12-04 10.31.24)


それでこれがspectral CTによる画像。
ちょっと分かりにくいけれど、いくつかの物質をカラーで分けて表示できますよ、という説明です。

SC(2009-12-04 10.32.05)
SC(2009-12-04 10.32.17)


そのほか心臓のアプリを少しみせていただきましたが、ここでもかなり解析が楽になっているのですね。
このように撮影された画像に対して、クリックボタンを押すと、

SC(2009-12-04 10.33.02)


こんな風に、冠状動脈がVRで表示されます。演算時間はわずかに5秒ぐらい。心筋壁や心耳なども識別されて表示されるので、とりあえず便利そうですよね。

SC(2009-12-04 10.33.17)


これはまあ技術的には大したことはありませんが、石灰化をチェックするための四角いwindowが用意されていて、まあかゆいところに手が届く、というディスプレイ。

SC(2009-12-04 10.33.31)



これなんかもいいですね。プラークのうち石灰化しているところとそうでないところを自動で区別して表示してくれる機能。

SC(2009-12-04 10.33.53)


あとこれは、Windowを変えていったときに、対象とする構造物の観察に適したスライス厚にしてくれるという機能。これは賛否両論あると思いますけれど、まあ面白い試みですね。SWとかかれているのがスライス厚で、左の骨を見るwindowだとスライス厚が1.20mmになり、wide windowにして軟部組織を見ようとすると2.99mmになったりしています。

SC(2009-12-04 10.34.26)


これは、CTAをした後に、IVRを行う場合、C-armをどのように動かしたらよいかをAngio装置に伝える機能です。Philips同士ならそのままC-armに情報を伝えれるとのこと。

SC(2009-12-04 10.35.01)


動画上では、露出があっておらず、マップ上の現在位置がわかりませんが、緑色の帯の中を移動させています。このような軌道にするともっとも良いという訳ですね。

[高画質で再生]

C-arm Simulation Philips RSNA2009 [ネットショップ]









スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

mri7t

Author:mri7t
 
「MRIのホームページ」
  のブログ版です
いま元ホームページが使えない
ので、ここにアップします!

http://www.teleradiology.jp/MRI

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。