FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Siemens MR

Siemens MRIについては、聞くのがすごい大変でした。まず説明員が今回は2人しかいないので、ものすごく待たなくてはなりません。結局3回尋ねてようやく全体的にお伺いできたのですが、ご担当の方の弁では、直前にリリースされたために会社の方針がまだよくわからない、ということなのでした。あまりにたくさん「分からない」を連発されてしまい、さすがに弱り果てたのですが・・・とりあえずそのままお伝えしますよ~。


今回は、1.5TにはAera、3.0TにはSkyraというコンセプトモデルを展示していました。あくまでもコンセプトであって、いつ発売になるのかは不明だし、来年のRSNA時にも発売されていないかもしれない、とのこと。

SC(2009-12-04 17.00.01)


こんなふうに、3つの意匠が用意されるようです。

SC(2009-12-04 17.03.08)


AeraとSkyraには、Tim 4G(第4世代Tim)をオプションで装着可能になる計画らしいです。

SC(2009-12-04 17.00.28)


ではTim 4Gとは何ぞや。これもわかりません攻撃だったのですが (^^;;;) いちおう展示されているスライドを示しますと、まずは多チャンネル化なのですね。どういう風になるかは不明ですがこのようにコイルも小さくし、チャンネルも多くしてより高画質を得る計画らしい。

SC(2009-12-04 17.03.24)
SC(2009-12-04 17.01.12)


そのほかに、dockable table (GEのように着脱可能なテーブル)や

SC(2009-12-04 17.03.14)


DirectRFと一時的に呼ばれていて名前はまだ決まっていないシステム(RFの送受信系をコンピュータ室でなくスキャナー内に設置してクオリティをあげる)や、

SC(2009-12-04 17.01.24)


DirectConnectとかSlideConnect(これも名前が決まっていないという説明でしたが、TMになっているのでこのまま使用されるのではないかと思います)という名前の、コイルをテーブルに簡単に装着できるシステム、

SC(2009-12-04 17.01.30)

動画

[高画質で再生]

SlidingConnect DirectConnect Siemens RSNA2009 [無料ホームページ]


などを内包する概念のようです。これはSliceConnectはGEが先行して採用していますが、あれは使いやすそうです。またDirectConnectも、触ってみましたが面白いデザインでしたよ。カチッという感じがあまりしませんでしたが、とりあえずプラスチックのガイドに差し込めば、それで接続されているようです。


もうひとつの取り組みは、Dotと呼ばれるものです。Day optimizing throughput engineという名前のようです。内容を見ましたが、操作を簡単にすることと、それによって無駄な時間をなくしてたくさん撮影できるようにするというものでした。

SC(2009-12-04 17.02.37)


写真だけだとわかりにくいと思いますが、たとえば息止めできる長さは患者さんによって違うので、息止め可能時間を入力すると、それに適切なようなパラメータ(たとえば一回撮像スライス枚数を減らすとか、マトリックスを減らすとかだと思います)に変更してくれるということのようです。

SC(2009-12-04 17.02.42)


そうしますと、セットアップにかかっている無駄な時間を減らせます。このスライドの縦軸の意味がちょっとわかりませんでしたが、恐らく1例で15%ぐらい時間を節約できるので、6例行うと、もう一例位を施行できるほど時間を余せるということだと思いました。

SC(2009-12-04 17.03.55)


GEのハイクオリティ臨床機として、Optima360が今回発表されているのですが、その中にもかんたんモードがでてきます。操作を簡単にすることは、いままでの歴史から考えたら寂しいような気もします。息止め時間を短くするときに、どうやって短くするのかの方法はいくつかあるわけですけれど、そういったことをすべて機械任せになってしまっていいのだろうかという思いです。ただここで提案されているように、息止め時間を短くしなければならなくなったとき、エキスパートならかなり短い時間で対応できますが、初心者や土日のスキャンだと、その設定自体にかなり長くかかってしまって、状態の悪い患者さんだと検査が途中で終わりに鳴ってしまう懸念もあります。そういったことを機械側で防いでくれるという意味では役立ちそうですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mri7t

Author:mri7t
 
「MRIのホームページ」
  のブログ版です
いま元ホームページが使えない
ので、ここにアップします!

http://www.teleradiology.jp/MRI

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。