スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

GE MR (3) Cardiac imagig

ちょうどブースで天野先生が心臓のことを聞かれていたので、ちょっと覗き見させていただきました!
(天野先生の写真を撮るのを忘れてしまいました)
簡単にレポートしますね。

Cine IRは、フィリップスのLook Lockerと同じように、IRパルスを打った後に、異なるTIで撮影しそれを連続表示してみるものです。これがないと微妙な造影効果が分からないことがあるので重要と天野先生。

SC(2009-12-01 7.26.36)


Perfusion studyは、これまでFIESTAとFGRE ETがありましたが、今回FGREも加わったそうです。FIESTAはSNRが高くてアーチファクトが少ないけれどsensitivityは低く、FGRE ETはSNRが低くてアーチファクトが多いけれどsensitivityは高い、という特徴を持っていましたが、今回のFGREはその中間位ではないか、ということでした。FGREではnoched pulseが使えるので、隣接スライス同時励起ができて、TIによるスキャン時間損失は少ないです。

SC(2009-12-01 7.27.14)


3D Heartは、AxialのWhole Heart Coronaryをするためのシークエンスで、multiple thin slab(1回あたり2分程度)を用いて、4-6 slab撮影、合計で8-12分で撮影するものです。LCAが非常にきれいに描出されるようになったということでした。

SC(2009-12-01 7.27.52)


Multi-echo GREを用いたT2* mappingでは、肝臓や心臓などへの鉄沈着の様子を示します。

SC(2009-12-01 7.28.16)


写真撮らなかったけど、声の出演は天野先生です! 心筋内の鉄沈着がわかるでしょうか。

動画:Star Map T2* Mapping

これは今回MR Echoが3Tでも可能になったというお話。

SC(2009-12-01 7.29.46)


同様に3TにおけるFIESTAの画像。天野先生、胸壁側のアーチファクトについてするどく指摘されていました。でもきれいですね。

SC(2009-12-01 7.30.06)







スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mri7t

Author:mri7t
 
「MRIのホームページ」
  のブログ版です
いま元ホームページが使えない
ので、ここにアップします!

http://www.teleradiology.jp/MRI

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。